スポンサーリンク


あなたが離婚することになった際に、「財産分与」の手続きを必ずとることになります。

これは、結婚期間中に夫婦で築いた資産(預貯金、不動産など)は、基本的には全て半分ずつに分けましょう、という法律です。

これは一緒に暮らしていた期間のみが対象となり、別居をしている期間については、財産分与の対象外になります。

「半分に分ける」と単純なように聞こえますが、実は意外と細かいルールがあり、私自身も離婚の際にもめました。。

その失敗談も踏まえて、財産分与で気を付けるべきポイントをご紹介します。

財産分与で分けるもの、分けないもの

基本的には、夫婦で協力して得た「共有資産」と、夫婦の協力とは無関係に取得した「特有財産」の2種類があります。

共有財産
財産分与の対象
家財道具・不動産(土地/建物/別荘)
自動車・銀行預金・株券(有価証券等)
特有財産
財産分与の対象外
夫婦一方が婚姻前から持っていた財産
婚姻中に相続や贈与などによって取得した財産
個人の才覚によって築いた財産

独身時代に貯めていた貯金が財産分与の対象外になるのは、当然といえば当然の考え方ですよね。

しかし、結婚期間中にしてしまいがちなある行動が原因で、独身時代に貯めた貯金まで財産分与の対象とされてしまうケースがあるのです。

結婚前よりも減っていた私の貯金…財産分与の落とし穴

 

結婚する時に持っていた貯金

結婚する時に私の名義で持っていた銀行とその残高はこちらです。

A銀行はメインバンク、B銀行は貯蓄用の口座です。

  • B銀行のうち150万円はネットバンクであるC銀行の定期預金に移して運用していました。(当時は金利が良かったので)
  • 分与した金額の中には、預貯金の他に、生命保険の解約返戻金なども含まれます。

結婚生活中の大きなお金の動き

結婚生活の中で、まとまったお金が必要になるときがありますよね。

例えば夫婦どちらかの車や住宅のローンを組む際の頭金など。

私の場合、結婚してから別居するまでの間に発生した大きなお金の動きはこちらです。

  1. 元夫の車1台目購入
  2. 二世帯同居のためのリフォーム
  3. 私の車購入1回
  4. 元夫の車2台目購入(ローン)の頭金

 

この4つのうち、2.二世帯同居のためのリフォームと4.元夫の車2台目購入(ローン)の頭金の際に、やってしまったのです。

夫婦で貯めた現金では足りなくて、私が結婚前から持っていたB銀行の口座から、足りない金額を引き出して補てんしてしまったのです。

財産分与で弁護士から言われたこと

3回の離婚調停で離婚が合意された後、4回目の離婚調停で、財産分与について話し合うことになりました。

この頃担当の弁護士から、私は財産分与の準備にあたってこんなことを言われました。

弁護士
あなたが持っているすべての銀行口座について、取引明細を準備しておいてください。 期間は、結婚期間中のもので。

 

これがかなり手間と時間もかかるし、大変な出費になりました;_;

私が利用している銀行では、1通あたりの発行手数料が864円。

申込み日から5年を越える請求は、1ヵ月あたり432円加算されるんです!

結婚期間は約10年。864円に加えて、

過去5~10年分の証明書は、432円×12ヵ月×5年=25,920円の追加料金が!!

口座が3つあったので、恐ろしい金額を請求されてしまいました。

 

 

さて、こうして取り寄せた銀行からの取引明細について、金額の大きい入出金については弁護士から質問を受けました。

まやち
こっちは夫の車購入の頭金と、こっちは家のリフォーム代金に補てんしたんです。元々は私が独身の時から貯めていた口座なので、残りは私のお金ですよ。

 

と何度も訴えたのですが…

弁護士の見解は、こうでした。

弁護士
A銀行、B銀行の口座は、夫婦の生活費や、車、家、つまり共有資産を購入するのに使ったものですね。
これらの残高は、夫婦で分割することになってしまうんですよ。

 

結婚前から貯蓄していたB銀行のお金は、私が結婚前に貯めていたものなのに!

共有財産とみなされて、分割されてしまったのです。

離婚後私の手元に残ったお金は…?

財産分与の対象として清算されたものは預貯金の他に、生命保険などがありました。

貯蓄型の生命保険は、別居した時点での解約返戻金が、共有の資産とみなされます。

それらを合算し、私の名義の預貯金のほうが多かったため、共有資産の半額に該当する282万円を元夫側に支払うことが調停で決定することになったのです。

最終的に、離婚が成立し私の手元に残ったお金はこのようになりました。

結婚前:317万円 → 離婚後:290万円・・・

 

財産分与で27万円も損してしまった!!

 

全身の力が抜けてしまったと同時に、ふと思い出しました。

元夫は結婚したときに、自分の口座から貯金のほぼ全額を引き出して元姑に預けて、

ほぼ空っぽの通帳を私に渡してきたんだった。

…ちゃっかりと管理していたのです。

私も本当は、こうしておくべきだったんだ。。

夫婦のお金でやってはいけなかったことのまとめ

この経験で、私が離婚する際のお金に関することで、やってよかったこと、やってはいけなかったことを以下のとおりでした。

やってよかったこと

・自分の貯金をネットバンクに移動しておいたこと

やってはいけなかったこと

・メインバンクとして使い続ける口座に、結婚前の貯金残高を残したままだった。

・まとまったお金が必要になった時、独身時代の貯金に手をつけてしまった。

 

ここに挙げた2点、心当たりがありませんか?

私は家族のいざという時に、よかれと思ってやってしまったことで、結果自分の首をしめてしまう結果になってしまいました。

あなたが離婚するか、または別居をはじめた時点で、財産分与の対象となる“婚姻期間”が確定し、それにより財産分与の対象となる額も事実上、決定します。

早めに自分の持っている財産について洗い出し、分与されるかどうかのチェックを行っていきましょう。

財産分与されない自分だけのお金を稼ぐ方法をこちらで紹介しています。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク














こんな記事も書いています