• シングルマザーの節約術
    ふだんのお買い物で現金がキャッシュバック!「monoka」登録してみた
  • 面会交流
    【体験談】初めての面会交流で感じた問題点と今後の課題
  • 離婚後の働き方
    「ママワークス」在宅で自分に合う働き方で収入を得る方法をご紹介
  • モラハラ
    モラハラ被害者になりやすい人の特徴と知っておくべき対処法
  • 離婚を考えるなら在宅ワークでお金を稼ごう!おすすめのお仕事3選 在宅ワーク
    離婚を考えるなら在宅ワークでお金を稼ごう!おすすめのお仕事3選
  • 財産分与
    結婚前の貯金までなくなる!? 財産分与で損をするのはこんな人
  • 別居
    別居準備マニュアル基礎編|冷静な行動ができないと別居後こうなる!
  • 別居
    別居準備マニュアル応用編|別居や離婚後のトラブルを回避するコツ
  • 離婚後の生活設計
    年収180万のシングルマザーがもらえる児童扶養手当を計算してみた
  • メンタル
    仕事にブランクがあるシングルマザーが就職への不安を取り除く方法

あなたは離婚後も、元夫に会いたいでしょうか?

ほとんどの人が、拒否したい気持ちがあることでしょう。

しかし夫婦が離婚しても、親子の関係は解消されることはありません。

現在の民法で、「面会交流権」というのは、離婚によって離れて暮らすことになった子どもに、別居している親が面会し交流する権利とされています。

スポンサーリンク


 

民法766条で、このように明確化されています。

  1. 父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。
  2. 前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所が、同項の事項を定める。
  3. 家庭裁判所は、必要があると認めるときは、前二項の規定による定めを変更し、その他子の監護について相当な処分を命ずることができる。
  4. 前三項の規定によっては、監護の範囲外では、父母の権利義務に変更を生じない。

本来は子どもにとっての利益を最優先する必要がある、ということですね。

以下は平成22年12月~平成23年2月に行われたアンケートです。

参照元ページはこちら

面会交流をしていない、という人は全体の約2割程度ですね。その理由は何でしょうか?

離婚や別居に至る背景は、それぞれの夫婦によって様々です。話し合って円満離婚する夫婦や、DVなどから逃れるために一切連絡を絶つ夫婦もいます。

またDVはないけれど、決して円満なムードではない…できれば今後は、子どもに会わせたくない!という心情の方もたくさんいると思います。

今回は私と息子が現在進行している面会交流の体験談も詳しく公開し、私自身が面会交流をやってみて感じた疑問、不満を書いていきます。

あなたが離婚後に面会交流を行うときに、何かひとつでも参考になればうれしいです。

スポンサーリンク



面会交流を拒否できるかどうかの基準は?

面会交流を拒否できるのは、基本的には以下のように面会交流が認められないケースに該当する場合です。子どもの利益と福祉にとって有益かどうか、子どもの幸せにつながるかどうかによって、制限される場合があります。

面会交流が認められないケース

  • 性格が破綻している
  • 子どもに暴力をふるう
  • 子どもの心を動揺させる、悪影響を与える言動をする
  • 経済力があるにもかかわらず、養育費を負担しない
  • 子どもが面会を望んでいない
  • その他、子どもの利益と福祉に反する、と判断される場合

実際に面会交流をしていない人、または面会交流を中止にした人の理由は、以下のとおりです。

参照元ページはこちら

反対に、面会交流が認められるのは、このようなケースです。

認められるケース

食事をしたり、遊びに言ったり、相談ごとを聞くなど、親子のコミュニケーションができ、子どもにとって有益と判断される場合。

単純に、「子どもを元夫に会わせたくない!」「元夫に会うのも嫌だ!」と思っていても、それだけで面会交流を拒否するのは難しいかもしれませんね。

それでは、面会交流を実際にしていくには、どのように話を進めたらよいのでしょうか?

面会交流の話の進め方

面会交流について話し合うきっかけ

協議離婚の場合は、相手と直接相談することになりますが、夫婦間で自発的に面会交流の話し合いをして取り決めるケースは少ないようです。

調停をした場合は、調停委員のほうから面会交流の話を持ちかけられることも多くあります。

面会交流についての取り決めが成立したきっかけは、調停や審判など、家庭裁判所にかかわった場合が半数以上を占めていますね。

参照元ページはこちら

面会交流の話し合いで決める条件とは?

まずは、基本的なことを確認しておきましょう。

  • 面会の頻度、面会時間の長さ
  • 子どもをどのようにして受け渡すか
  • 別れた夫婦間の連絡方法をどうするか
  • 子どもと同伴するかどうか
  • 都合がわるくなった場合はどうするか

重要なのは、子どもの思いを取り入れることです。さらに、あなたが無理なく続けられる条件を、冷静に考えてみましょう。

私が初回の面会交流で感じたこと、現在の面会交流の内容など、体験談についてまとめた記事はこちらです。

【体験談】初めての面会交流で感じた問題点と今後の課題
2017-07-19 01:12
面会交流は、離婚後間もない頃には元夫と顔を合わせるだけでも不安で憂うつな気分になることも多いと思います。 それが、回数を重ねるごと、また子どもの成長とともに、その悩みや問題点も変化...

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

面会交流の関連記事
  • 【体験談】初めての面会交流で感じた問題点と今後の課題
  • 面会交流は拒否できる?子どもの気持ちを最優先しよう
こんな記事も書いています