• 離婚を考えるなら在宅ワークでお金を稼ごう!おすすめのお仕事3選 在宅ワーク
    離婚を考えるなら在宅ワークでお金を稼ごう!おすすめのお仕事3選
  • 別居
    別居準備マニュアル応用編|別居や離婚後のトラブルを回避するコツ
  • 離婚後の生活設計
    年収180万のシングルマザーがもらえる児童扶養手当を計算してみた
  • 離婚
    離婚して本当に幸せになるために知っておきたい3つのこと
  • 面会交流
    【体験談】初めての面会交流で感じた問題点と今後の課題
  • 別居
    別居準備マニュアル基礎編|冷静な行動ができないと別居後こうなる!
  • 財産分与
    結婚前の貯金までなくなる!? 財産分与で損をするのはこんな人
  • 離婚後の働き方
    「ママワークス」在宅で自分に合う働き方で収入を得る方法をご紹介
  • モラハラ
    モラハラ被害者になりやすい人の特徴と知っておくべき対処法
  • シングルマザーの節約術
    ふだんのお買い物で現金がキャッシュバック!「monoka」登録してみた

別居や離婚後の生活費を節約するのに、携帯料金などの固定費の大幅な削減は本当に助かります!

私は離婚する前から、SoftbankのiPhoneを、機種変更しながら6年くらい使っていました。

その利用料金は、毎月10,000円を越えていました。まだまだ収入の少ない私には、とても高い金額です。

現在はなんと、携帯料金を毎月2,000円程度に抑えることができています!
この毎月8,000円という差額を生み出したきっかけはズバリ、「格安SIM」に乗り換えたからです。

少しでも早い段階で携帯料金を見直してみることで、貯金を多く残しておくことができるので気持ちの上でも安心ですね。

そこで今回は格安SIMに乗り換える前の準備としてチェックしておくことや、気をつけておきたいポイントをご紹介していきます。

スポンサーリンク



格安SIMを知ったきっかけは、家族の紹介だった

 

離婚して賃貸アパートに引っ越してからは、今までよりさらに節約するようになりました。

リアルに、通帳とにらめっこする日々。携帯料金って本当に高い。どうにかしたいなぁ…と思っていた頃に、実家の家族が一足先に「格安SIM」に乗り換えたのです。

「いま携帯の料金、2,000円くらいしか払ってないよ」

えっ!?携帯料金って2,000円くらいになることあるの!?

ソフトバンクのパケット定額の料金だけでも6,000円近いのに!? そう思って、興味を持つようになり、色々調べてみることにしました。

これは2017年3月時点の、「メインで利用している通信サービス」という調査です。
docomo、au、Softbankの3大キャリアを利用している人が約85%だそうです。

(「MMD研究所」より)

携帯料金をとってもお得にできることを知っている人は、既に始めているようです。

実家の家族以外からは、格安SIMの話を全く聞いたことがありませんでした。

本当にこういうの利用している人って他にもいるのかな? と不安になりながらも、やはり考えてしまうのは、「毎月10,000円以上かかっていた携帯料金が、月2,000円ですむ」ということ。

差額が約8,000円/月というのは、大きすぎる…!!

というわけで、私が3大キャリアといわれるうちの1つであるソフトバンクのスマホを解約し、「IIJmio」という格安SIMの会社に乗り換えました。

格安SIMに乗り換える前に調べておきたいポイント

家族から話を聞いて以来、ずっと気になっていた格安SIM。でも、すぐには乗り換えられなかったのです。乗り換えを検討する前に、確認しておくポイントは大きく分けて3つあります。

  1. 携帯の名義は誰になっているか
  2. 乗り換えできるタイミングかどうか
  3. 今使っているスマホをそのまま使えるか

1.今の携帯、自分の名義になっていますか?

あなたの携帯電話の名義は、あなた自身の名前になっているでしょうか?

家族間の通話割引などをしている場合、夫の名義で契約している、という家庭もあります。

携帯電話を解約できるのは、基本的に名義人だけです。名義以外の人が解約する場合は、名義人の承諾が必要になります。

別居が始まったり、離婚が成立してしまうと、わざわざ解約のために承諾をもらうのも後味がわるいものです。

離婚や別居前に、夫婦で話し合える余裕がある場合は、家計の節約になるから~などと話を切り出して、早めに名義を分けておくと、離婚や別居後の手間がひとつ少なくなります。

2.違約金95を支払うのは本当に損?

まずは格安会えSIMに乗り換えるタイミングの、大前提の話です。

docomo、au、Softbankの3大キャリアの携帯電話を使用している場合は、2年に1回の更新月まで解約を待たなければいけないという「2年縛り」というルールがあります。はじめの契約から2年ごとに、更新月がやってきます。

更新月は2か月間あって、その期間が格安SIMに乗り換えるチャンスです。更新月以外で携帯電話を解約すると、解約違約金として9,500円かかってしまいます。

これは一見、損をするように感じますね。

しかし、月々の携帯料金が10,000円から5,000円に節約できたとすれば、2ヵ月程で10,000円の節約ができることになります。

更新月がくるのを数か月待ちながら10,000円近く支払続けるより、違約金がかかっても早い段階で乗り換えてしまったほうが、かなりお得かもしれません!

3.今使っているスマホはそのまま使えるの?

スマホ本体はまだ新しいし、このまま使いたい!

今の機種が使いやすいし、使い方を一から覚えるのは面倒くさい!

そんな時は、格安SIMに乗り換えても、今つかっているスマホをそのまま使うことができる業者があるのかを調べてみるといいですね。

大きく分けて、2つのポイントを確認します。

  1. 今使っている会社の回線と、これから選ぶ格安SIM会社の回線が同じかどうか
  2. スマホ本体が、他の会社のSIMカードを差し込んで使える仕様になっているか

docomoかauのスマホは、そのまま使える可能性があります

ほとんどの格安SIMの会社は、通信をするのにdocomoかauのどちらかの回線を使っています。そのため、現在docomoかauのスマホを使っている場合は、今使っているスマホをそのまま格安SIMで使える可能性があります。

docomoのスマホをそのまま使える格安SIM

今つかっているdocomoのスマホをそのまま利用するなら、docomo回線を利用している、以下の格安SIMの会社がおすすめです。

LINEモバイル

LINEモバイルは、Twitter、Facecook、Instagramなどの主なSNSの通信料がデータ消費ゼロで使用できるのが大きな特徴です。

注目記事
SNSユーザー必見!LINEモバイルでSNSが使い放題に!「カウントフリー」

他にも、毎月の利用料金1%分のLINEポイントが貯まるというメリットも。LINEスタンプなどの購入や、電子マネーなど他のポイントに交換もできます。

 

LINEモバイルの公式サイトはこちら!

DMMモバイル

DMMモバイルは、業界最安値を宣言しているだけあって、他の会社と比べても割安です。

料金プランが細かく分かれており、少しでも料金を抑えたいならおすすめです。

DMMモバイルの公式サイトはこちら!

まとめ

本記事では、格安SIMに乗り換えるまでにチェックしておきたいポイントや、今使っているスマホをそのまま使える格安SIMの業者をいくつか紹介してみました。
実際に今使っているスマホで乗り換えをするときは、スマホ本体がその業者で使える機種かどうかを確認してみてくださいね。

このサイトでは、他にもお金に関する情報を発信しています。ぜひこちらの記事なども参考にしてください!

財産分与で「へそくり」はどうなる?ばれないへそくりのコツ
2017-07-07 01:38
あなたは結婚してから、へそくりをしているでしょうか? 別居や離婚のために使うためのへそくりをするとき、もし夫にばれてしまったら、そのお金はどうなるのでしょうか? 今回は、離婚すると...

「ママワークス」在宅で自分に合う働き方で収入を得る方法をご紹介
2017-07-24 01:40
子育てをしていると、「あ、もうこんな時間…」「1日あっという間に終わってしまった…」と感じること、あなたもあるでしょうか? 離婚してひとりで子育てしていくためには、「時間」のやりく...

離婚資金を今すぐ貯める!チャットレディ初心者が月3万円稼ぐ方法
2017-05-23 00:06
やむを得ず離婚することを決意したとき、離婚資金をどうやって貯めるかというのは重要な問題です。 以下の記事で、離婚を考えたときになぜ在宅ワークで稼ぐ方法が良いのか、その理由について説...

 

スポンサーリンク

コメントを残す

  • 家計簿アプリ Dr.Walletはレシートを撮って送信するだけ。簡単なので1ヵ月続いた!
  • SNSユーザー必見!LINEモバイルならSNSが使い放題になる!料金プランの選び方
  • ふだんのお買い物で現金がキャッシュバック!「monoka」登録してみた
  • 財産分与で「へそくり」はどうなる?ばれないへそくりのコツ
  • 別居や離婚後の生活費を節約するなら携帯料金の見直しが効果的!
こんな記事も書いています